2014.10.01
LinkIcon第7回「狂言を楽しむ 徳讃会」チケット発売を開始しました!!
2014.09.06
第7回「狂言を楽しむ 徳讃会」の詳報をアップしました!!
2014.08.05
当サイト上での第58回 大阪薪能の前売券取扱いを終了しました。
前売券をお求めになりたい場合には、各プレイガイド、出演能楽師などにお尋ねあわせ下さい。
なお、直接の販売は引き続き承っています。
2014.07.27
第58回 大阪薪能の前売券取扱い数に誤りがあったため修正しました。
2014.07.23
第58回 大阪薪能の詳細をアップしました!
また、大阪薪能のチケット発売を開始しました!!10→11枚取り扱っています。)
各プレイガイド等を経由するよりもリーズナブルにお求め頂くことができます!

無形文化遺産【能楽】の歴史

概説 — 狂言の楽しみ方について

雷神面ごあいさつに代えて

狂言とは

「狂言」は、中世南北朝の動乱のころ(約700年前)に発生した庶民喜劇です。遠く奈良・平安の昔、中国から伝わった散楽(さんがく)の影響を受けています。滑稽な台詞(せりふ)と科(しぐさ)とによる狂言が「兄」、シリアスな物真似と歌舞による猿楽能(能の古称)を「弟」とした、いわば兄弟芸術です。

LinkIconつづきを読む・・・

大蔵流狂言の歴史

大蔵流狂言とは

武悪面大蔵流狂言の概略

大蔵流狂言の歴史

大蔵流狂言は、比叡山の学僧玄惠法印(げんえほういん)を始祖とし、金春(こんぱる)座に属しました。「座」は能・狂言・囃子といった職能を持った人々が芸能集団を形成していたものです。「座」には4つのグループがあったことが知られています(大和四座)当時狂言は、〝能〟の合間に演じられる滑稽な芸能としての役割があったと考えられます。

LinkIconつづきを読む・・・

善竹玄三郎家の歴史

能楽師狂言方 大蔵流:「善竹(ぜんちく)」の門閥

嘯吹面善竹玄三郎家はいかなる流れを汲むのか

善竹彌五郎の系譜

「善竹(ぜんちく)」の姓は、1963(昭和38)年に、金春流宗家より、茂山久治(後の善竹彌五郎)の古今まれな至芸と能楽界への絶大な功績をたたえ、贈られた姓です。世阿弥の娘婿であった「金春禪竹(こんぱるぜんちく)」に由来すると言われています。善竹家のルーツは、遡ると茂山忠三郎義直にたどり着きます。

LinkIconつづきを読む・・・

善竹家の「家紋」

善竹家家紋:『竹輪に並び鷹の羽』紋 創成の経緯

竹輪に並び鷹の羽紋善竹家家紋はいかにして創成されたか

善竹彌五郎師の願い

「善竹家」の家紋の創成
善竹家を興した善竹彌五郎師の願いの一つは、「善竹家の家紋を創成すること」でした。彌五郎師は「自分自身と妻、5人の息子をモチーフとした家紋」の創成を願いとしていました。

LinkIconつづきを読む・・・

公演予定

影向の松/公演予定

善竹長德と善竹徳一郎の公演予定など。

公演予定を見るLinkIcon

狂言解説

影向の松/狂言解説

大蔵流狂言に登場する人物像や舞台に用いる御道具、舞台構造、大蔵流狂言方に伝わる習わしや、専門用語などについて少々マニアックに解説しています。

狂言解説を見るLinkIcon

演目解説

影向の松/演目解説

善竹玄三郎家に伝承される大蔵流狂言について、時代背景などを踏まえ、解説を加えています。

演目解説を見るLinkIcon

写  真

影向の松/写真

当法人に伝わる写真など。

写真を見るLinkIcon

square-register-swipe-outside.jpeg
クレジットカード決済対応